ニュース Topics

日本代表Rampageが出場、LoL世界大会『Mid-Season Invitational 2017』のグループ分け決定 日本代表Rampageが出場、LoL世界大会『Mid-Season Invitational 2017』のグループ分け決定

2017年4月28日~5月21日にブラジルで開催される『League of Legends』公式世界大会『Mid-Season Invitational 2017(MSI)』のグループ分けが発表されています

ZOWIE GEAR FK2 ZOWIE GEAR FK2

ゲーミングデバイス評価ランキング マウス部門より


海外のゲーミングデバイスも取り扱う『パソコンSHOPアーク』

最新ニュース

DOTA 2 賞金総額300万ドルのDota 2メジャー大会『The Kiev Major』が4/24(月)15時よりスタート

The Kiev Major

賞金総額300万ドルのDota 2メジャー大会『The Kiev Major』が日本時間の4/24(月)15時よりスタートします。

The Kiev Major

『The Kiev Major』は、『PGL』主催によりウクライナのコンサートホール「National Palace of Arts」にて2017年4月27~30日に開催されます。

大会には招待8チーム、予選通過8チームの計16チームが出場。
グループステージはスイストーナメント方式で実施され、この結果を元にシングルイルミネーション方式トーナメントで実施されるプレーオフの組み合わせが決定されます。グループステージのでの脱落はありません。

本戦出場チーム

招待

  • China Team Random - shadow, bLink, Faith_bian, y`, iceice
  • Europe OG - N0tail, ana, s4, JerAx, Flym, 7ckngMad
  • Greece mousesports - Madara, ThuG, SkyLark, Maybe Next Time, SsaSpartan
  • Europe Team Liquid - MATUMBAMAN, Miracle-, MinD_ContRoL, GH, KuroKy
  • United States Evil Geniuses - Arteezy, Suma1L, UNiVeRsE, zai, Cr1t-
  • United States Thunderbirds - Resolut1on, w33, MoonMeander, MiSeRy, Saksa
  • China Newbee - uuu9, Sccc, kpii, Faith, Kaka
  • China Team VG.J - Agressif, Freeze, rOtk, fy, Fenrir

予選通過

  • United States Digital Chaos - mason, Abed, BuLba, DuBu, DeMoN
  • Brazil SG e-sports - hFn, 4dr, Tavo, KINGRD, c4t
  • Europe Team Secret - MP, MidOne, Khezu, Puppey, pieliedie
  • Russia Virtus.Pro - RAMZES666, No[o]ne, 9pasha, Lil, Solo
  • China iG Vitality - Paparazi灬, Sakata, InJuly, super, dogf1ghts
  • China Invictus Gaming - BurNIng, Op, Xxs, BoBoKa, Q
  • Singapore Team Faceless - Black^, Jabz, iceiceice, xy-, NutZ
  • Philippines TNC Pro Team - Raven, Kuku, Sam_H, Tims, ryOyr

4/24(月)試合スケジュール(日本時間)

試合は上記リンク先のTwitchストリーミングページ、ゲーム内のDota TVを通じて観戦可能となります。

情報元

関連ニュース

スポンサード リンク

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO『PGL Asia Minor Championship』東アジア予選 準々決勝が4/22(土)20時開始、日本からDTN、DNG、MISOが出場

pgl-asia

CS:GOメジャー大会『PGL Major Kraków 2017』につながる『PGL Asia Minor Championship』の東アジア予選がDay2 ベスト16以降の試合が4/22(土)20時よりスタートします。

PGL Asia Minor Championship

『PGL Asia Minor Championship』は、2017年7月16~23日にポーランドで開催される賞金総額100万ドルのCS:GO大会『PGL Major Kraków 2017』のオフライン予選出場権をかけて実施されるアジア予選です。

『PGL Asia Minor Championship』本戦に出場するのは招待2チーム、予選通過6チームを併せた計8チームで、この予選が4/21(金)からスタートしています。

日本チームが出場するのは、東アジア予選で合計48チームが出場。
日本からは下記7チームがエントリーし、先日開催されたDay1予選に挑みました。

日本出場チーム

  • Japan DeToNator - Norisen, guin, impalement4s, Freak, Ayanoxie
  • Japan DetonatioN Gaming - ShirleyAstre, STABAAAAA, ZodiaX, YukiStyle, himajun
  • Japan Empty - balloon, tsubaki, Flax, maka, EROC
  • Japan MISO - kuririn, icewolf, Mash_jp, BOTSixMan, RiPabloEscobar
  • Japan SCARZ - Guttei, eNgi, zyoutan, Entai, SILVEM
  • Japan SZ Absolute - Laz, poem, t4k3J, barce, crow
  • Japan TeamBlackEye - easy, lafff, ATR, Asils, Anker

トーナメント

東アジア予選はシングルイルミネーション方式トーナメントを採用し、オンラインにて実施されます。日本チームのDay1の結果および、Day2の試合予定は以下のようになります。

Day 1結果

1回戦

  • Japan SCARZ [07-16] Mongolia TeamRisen (de_cache)
  • Japan MISO [16-01] Mongolia OnHe (de_mirage)
  • Japan Empty [09-16] Mongolia Casuals (de_inferno)
  • Japan TeamBlackEye [16-10] Taiwan teamtigra (de_inferno)
  • Japan SZ Absolute [16-11] Mongolia GameZ (de_overpass)

2回戦

  • Japan TeamBlackEye [06-16] Korea TeamYetti (de_cache)
  • Japan MISO [16-04] Team 4CE (de_cahce)
  • Japan SZ Absolute [05-16] Mongolia themongolz (de_inferno)
  • Japan DetonatioN Gaming [16-10] Mongolia massive (de_mireage)
  • Japan DeToNator [16-07] Mongolia W2C (de_train)

Day2 スケジュール

Best 16

  • Japan DeToNator [12-16] Korea MVP PK (de_inferno)
  • Japan MISO [16-09] Mongolia TEAMDANK (de_cache)
  • Japan DetonatioN Gaming [16-03] Mongolia MOMENT (de_cache)

対戦相手

  • Korea MVP PK - termi, solo, glow, peri, zeff
  • Mongolia TEAMDANK - Barbarian, jungl, x1lents, H4wk, Majestic
  • Mongolia MOMENT - PRISM2GETA, gosu, Jorok, gunfu, DiscoJokE

準々決勝 (Best 8)

  • 4/22(土)21:14~ Japan DetonatioN Gaming [vs] Korea MVP PK
  • 4/22(土)21:14~ Taiwan TaiwanZ [vs] Korea MVP project
  • 4/22(土)21:14~ Japan MISO [vs] Mongolia themongolz [vs]
  • 4/22(土)21:14~ Mongolia ZEN [vs] Korea TeamYetti

Japan DeToNatorの対戦相手 Korea MVP PK は、Counter-Strike1.6のレジェンドプレーヤーで構成される本予選の優勝候補の1つとなります。

ストリーミング配信

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 日本のCS:GOチーム『Empty』がイギリスのプロチーム『Impulse Gaming』にトライアル加入、オーナー&Eroc選手にインタビュー

impulse

日本のCS:GOチーム Japan Empty がイギリスを拠点とするプロチーム United Kingdom Impulse Gaming にトライアル加入したことが発表されました。

「Empty」が「Impulse.Japan」として活動開始

United Kingdom Impulse Gamingは2014年に設立されたプロチームで、CS:GOはイギリスチーム、女性チームを保有しています。チームは、アジアパシフィックへ展開するためシーンをチェックしていたところ、Japan Empty の活躍に注目。今回、仮契約が実現しました。

Emptyは『Esports Japan Athlete League CS:GO(EJAL)』のシーズン1ランキング 6位のチームで、先日開催された『PGL Asia Minor Championship』東アジア予選にも出場しています(1回戦敗退)。

Impulse.Japan

  • Japan EROC
  • Japan tsubaki
  • Japan flax
  • Japan Quina
  • Japan balloon

今回の『Impulse Gaming』加入について、Japan EROC選手とチームオーナーの United Kingdom Lewis "xpecx" JamesにSNSでコンタクトをとりインタビューを試みました。

EROC選手インタビュー

まさかのイギリスチームへの加入ですが、どういう経緯で実現したのでしょうか?

EROC:
Impulse Gamingがアジア(日本)への展開を考えており、その時に大会で使用されているプラットフォーム「Battlefy」上で私たちのチームを見つけたと聞きました。そこからオーナーであるxpecxからコンタクトがあり、数日チャットを交わし、仮契約する運びとなりました。

仮契約についての、現在の率直な気持ちをおしえてください。

EROC:
xpecxからコンタクトがあったときは驚きました。
日本でCSGOをプレーしていて海外チームからお誘いがあるというのは、プロアマ関係なく非常に面白いことで、素晴らしいことだと思っています。
Impulse Gamingと仮契約を結べたことは大変嬉しいです。

チームからはどういったことを期待されていますか?

xpecxから言われているのは、一生懸命練習してほしいということと、出れる大会には出ていくようにということです。

今後の目標や、参加予定の大会、意気込みなどについて教えてください

Impulse Gamingのサポートにより『ESEA League Season 25 AP CS:GO Open』に出場する予定です。
現在は『EJAL Season2 MinorSeries』に出場中で、『EJAL Season3 MinorSeries』にも出場が確定しています。

今後の目標は、まず日本の大会で上位入賞することです。
そして、実力的にも人間的にも成長していきたいです。

Lewis "xpecx" James氏 インタビュー

「Empty」をImpulse GamingのアジアCS:GO部門のメンバーに選んだ理由について教えてください。

xpecx:
「Impulse Gaming」は国際規模でチームを拡大する様々な方法を検討してきました。私たちはイギリスを含むヨーロッパ、過去にはアメリカにも進出したことがあり、次はアジアとオセアニアシーンに注目していました。

この考えの元に「Battlefy」上で開催されているアジアとオセアニアシーンをチェックしていたところ、「Empty」に着目したのです。Liquidpediaでの戦績を見て、彼らは日本のシーンで「Impulse Gaming」を発展させるのに最適だと感じました。

Impulse Gamingが加入する選手に望むことを教えてください。

xpecx:
Impulse Gamingが選手に求めるのは以下のようなものです。

  • ソーシャルメディアを通じてコミュニティに対しアクティブであること
  • 積極的なトレーニングスケジュールを組むことができること
  • チームの看板を背負うに相応しいこと
  • チームやスポンサーの活動に協力可能なこと
  • セミプロ・プロレベルで競い合えること

Impulse Gamingはこのような全選手達たちのキャリア発展を支援していきます。

Impulse Gaming がアジアに進出するのは今回が初めてですか?

xpecx:
そのとおりです。Impulse Gamingはさらに拡大を続けていく計画で、アジアでの成功を目指していきます。

アジア進出における目標はありますか?

xpecx:
アジアシーンで成長し、トップレベルで競い合えるチームになることを目指して行きます。Impulse Gamingはイギリスでトップ8に入るチームと自負しており、このノウハウをアジアシーンで活かしていきたいと思います。

CS:GO以外でも日本のチームや選手をサポートしていく計画はありますか?

今回はCS:GOでアジアシーンに参入することなりましたが、興味がある方はぜひコンタクトしていただければと思います。ただ、タイトルごとに契約するチーム数に制限を設けていますのでご注意下さい。Impulse GamingはCS:GO以外だとFIFA、Hearthstone、League of Legendsで活動しています。

最後に何かメッセージがあればをお願いします

今回のアジア進出は素晴らしいアイデアで、Impulse.Japanのメンバー達と共に取り組みをしていくことを本当に楽しみにしています。

私たちは、Impluse.Japanが出場する様々な大会をTwitchを通じて英語配信することで、日本やアジアのシーンについて世界中に伝えていきたいと考えています。

また、Impulse Gamingは、チームのユニフォームをデザインするスポンサーの Gamers Apparel を通じて、日本におけるブランディングの取り組みをしていく計画です。

――――

Counter-Strikeシリーズで日本チームが海外チームに所属し活動した実績としては、ドイツの「myRevenge」に所属してのアジア大会優勝があります。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『MSI』がアマチュアゲーミングチームの支援プログラム「MSI Dragon」の登録受付をスタート

MSI Dragon

台湾のハードウェアメーカー『MSI』が、アマチュアゲーミングチームの支援プログラム「MSI Dragon」の応募をスタートしました。

アマチュアゲーミングチームの支援プログラム「MSI Dragon」

「MSI Dragon」は、若い才能を探し出し、熱狂的で高い可能性を秘めたアマチュアゲーミングチームを支援するプログラムです。

応募は2017年5月17日までグローバル規模で行なわれ、様々な角度からの審査を通じて最終的に25チームに支援が行なわれます。

「MSI Dragon」への参加が認められたチームは、『MSI』製のゲーミングギア、特製ユニフォーム、MSIのSNSやコンテンツと連動したチーム広報、渡航費用の協賛といったサポートといったサポートを受けながら活動を行なうことが可能となります。

応募ページ

『MSI』は世界的なプロゲーミングチーム『Fnatic』や日本のプロチーム Japan DeToNator などを支援していることでも知られています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Razer』から厚さ0.5ミリの極薄ゲーミングマウスパッド『Sphex V2』『Sphex V2 mini』が登場、4/28(金)より国内販売開始

Sphex V2

厚さ0.5ミリの極薄ゲーミングマウスパッド『Razer Sphex V2』『Razer Sphex V2 mini』が4/28(金)より国内販売開始となります。

『Razer Sphex V2』シリーズ

『Razer Sphex V2』シリーズは、マウスパッドを設置するデスクの表面との段差を限りなく小さくすることを目指して開発されたゲーミングマウスです。

オプティカル・レーザーセンサーマウスの両方に対応し、マウスの素早く正確な動きが可能となるよう最適化されています。0.5mmと極薄ながら、ポリカーボネート素材を採用することで衝撃や切り裂きに対して高い強度を実現しているとのこと。

また、裏面には粘着性がありデスク等に貼り付けることが可能で、これによりマウスパッドのズレを極力減らすことが出来ます。

サイズ

  • Razer Sphex V2 : 横355mm×縦254mm×厚さ0.5mm
  • Razer Sphex V2 mini : 横270mm×縦215mm×厚さ0.5mm

価格は共に税抜きで通常版が2,280円、ミニ版が1,280円となっています。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 『Dota 2』のマッチメイキング改善アップデートがリリース、Steamアカウントと電話番号連携等を導入により公平な対戦を目指す

blog_find_match

『Dota 2』のマッチメイキングを改善するアップデートがリリースされました。

Matchmaking Update

今回の「Matchmaking Update」では、複数のSteamアカウントを使用しての不正行為、マナー違反などの解決し、公平で快適な対戦を実現するために大きく5つの対策が導入されました。

1. Steam アカウントと電話番号連携

  • Steamアカウントとユニークな電話番号の連携を求めるようにした
  • Steamアカウントには1つの電話番号のみを割り当てることが出来る。
  • それぞれの割り当ては変更可能だが、新たに登録出来るの3ヶ月後となる
  • 2017年5月4日より、Rankedゲームに参加する場合はこの電話番号連携を行なっている事が必須となる

phone-1

phone-2

2. Solo Queue

  • Solo Ranked Matchmakingの参加者が全員ソロとなるようにするオプションを追加

いままでは、自分のチームは全員ソロ参加なのに、相手チームには複数人パーティが組み込まれているという不公平な対戦がありました。

3. 複数人チームでプレーする場合のMMRの取り扱い

  • 「Solo MMR」が「Party MMR」よりも高い場合、高い「Solo MMR」を適用して試合検索をするようになった。これにより、対戦相手は「Solo MMR」と「Party MMR」の中間値にあたる実力のチームになる

これまでの状況だと実力のバランスが取れず不満なゲーム展開となるケースが非常に多かったそうですが、この仕様にすることでこの問題を解決できるという判断とのことです。

4. マッチメイキングでの取り組み

  • 暴言や試合中の切断などを行なったことが原因で参加させられる「Low Priority」ゲームの仕様を変更。「Low Priority」から抜け出すには規定試合数の勝利が必要ですが、さらに数時間~最大4日間という期間による条件が追加されます。
  • ゲームの途中放棄、妨害・迷惑行為についての検知を強化し、厳しい処罰を与えていくしていく方針。
  • Botアカウントの検知を強化し、かなりの数を永久BANした

5. 各地域のサーバーについて

  • プレーヤー人口が少ない南アフリカ、インド、ドバイサーバーでの「Ranked Matchmaking」提供を終了。「Ranked」と「Unranked」に分ける必要があるほどこれらのエリアにおけるプレーヤー人口が増加した場合には再びサービス提供する予定。
  • これらの人口が少ないサーバーは「Ranked」ゲームで「MMR」を上げるのに不正利用されていた。

region

情報元

League of Legends LoL世界大会『Mid-Season Invitational 2017』日本代表「Rampage」が新ゲーミングハウス「Rampage House」を公開

entrance

『League of Legends』公式世界大会『Mid-Season Invitational 2017(MSI)』に日本代表として出場する Japan Rampageが新ゲーミングハウスを公開しました。

Japan Rampageが新ゲーミングハウス「Rampage House」を公開

「Rampage House」は、プロゲーマーとしての意識の切り替えや、試合当日に選手がより集中できるよう、ゲーミング「ハウス」とゲーミング「ルーム」を分けた構成となっています。

「ゲーミングルーム」にはPC、デバイス等が設置されたプレー環境に加え、コーチから各選手へのフィードバックをすぐに行えるよう大型のモニターが設置されています。

Rampage House
PC、ウォーターサーバー、ファンからのメッセージボードなど

feedback
チームでフィードバックを行なう様子

「ゲーミングハウス」にはコーチ、マネージャーと選手による少人数でのコミュニケーション時に使用するミーティングルームが併設されているとのこと。

meetingroom
ミーティングルーム

Japan Rampageは、 今後も継続してチームが成長できる環境を整え、日本だけでなく世界の強豪チームとの対戦に向けた環境を準備していくとコメントしていました。

中村洋樹氏のコメント (Rampage代表)

日頃、ご声援、ご支援頂いているファンの皆様と、スポンサー企業各社様に、心から感謝申し上げます。弊社と致しまして、選手にとってより練習に集中できる環境を整えるため、この度、ゲーミングルームを新設出来ましたことを、大変嬉しく思っております。

この環境のもとでRampageは、世界でも通用する実力を備えた選手の育成に励み、皆様からのご声援に応えてまいりたいと思います。今後とも、ご支援。ご協力の程よろしくお願い致します。

nakamurahiroki

Japan Rampage は、4月2日に「東京ビッグサイト」で開催された『LJL 2017 Spring Split Final』で優勝し、2017年4月28日~5月21日にブラジルで開催される『League of Legends』公式世界大会『Mid-Season Invitational 2017(MSI)』に日本代表として出場予定です。

情報元

  • プレスリリース

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2017-04-20)

CS:GO

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2017-04-20)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 4/20/2017

PERFECT WORLD

  • 「Perfect World Beta」(中国版CS:GO)のユーザーインターフェースや翻訳を修正した

MISC

  • holiday cheerを利用不可にした
  • パケットロスに関連するexploitを修正した
  • ナイフの展開時間が全て正しく1秒となるようにした

MAPS

  • Militia
    • 「CT spawn」から「sewer」「barn」につながるルートを追加した
    • マップ全体の明かりを調整した
  • Cbble
    • アンダーパスとロングA間の視界を調整した
    • マイナーなバグを修正した
  • Canals
    • Rebuilt tunnel stairs area with smoother movement
    • Fixed boat geometry overlapping a pier at CT spawn
    • Fixed box intersecting windowsill at B
    • Fixed pixelwalk on railing at CT spawn
    • Moved plywood down on scaffolding below B to block a bad sightline
    • Fixed sticky scaffolding clip brush below B
    • Fixed some fade distance pop-up issues
    • Added two picnic chairs at short and made clips smoother
    • Removed lamp at ivy/garbage

情報元

関連ニュース

League of Legends 日本代表Rampageが出場、LoL世界大会『Mid-Season Invitational 2017』のグループ分け決定

mid-season-inv

2017年4月28日~5月21日にブラジルで開催される『League of Legends』公式世界大会『Mid-Season Invitational 2017(MSI)』のグループ分けが発表されています。

Mid-Season Invitational 2017

『MSI』のプレイインステージは、世界中の各エリアで実施されているLoL公式リーグを代表する10チームが出場して行なわれます。

『MSI』はラウンド1~3まで実施され、ラウンド1には8チームが出場。
日本代表は『LJL 2017 Spring Split Final』で優勝した Japan Rampage となっており、ラウンド1ではグループAに振り分けられています。

グループA

  • [CBLOL] Brazil Red Canids
  • [OPL] Australia Dire Wolves
  • [TCL] Turkey チーム未定 - 4/22に決定
  • [LJL] Japan Rampage

グループB

  • [LCL] Russia Virtus.pro
  • [LLN] Mexico Lyon Gaming
  • [GPL] Viet Nam Gigabyte Marines
  • [CLS] Argentina Isurus Gaming

Rampage メンバー

DSC_7125
左より: Evi、Tussle、Dara、Ramune、YutoriMoyasi

Evi(TOP)
日本代表として恥じない戦いが出来るように全力で頑張って来ます!その為に今出来ることをやるのみ!MSI勝つぞー!

Tussle (JUNGLE)
ファンの方の応援で今までRampageは皆、優勝に向かって頑張ることができました。
MSIで良い成績やパフォーマンス、悔いの残らない試合ができるように全力で努力します。応援よろしくお願いします!

Dara (SUPPORT)
もう一度ブラジルに行って試合をすることになりました。いつも応援してくださるファンの皆さんありがとうございます。前回よりももっと良い試合をお見せできるよう全力で頑張ります。

YutoriMoyasi (ADC)
いつも応援していただきありがとうございます。MSIでは応援してくださる皆様の期待に応えられるよう全力で頑張ります!Rampage全員でMSI勝ちます!

Ramune (MID)
MSIのためにチーム全員で全力で練習に励み、万全な準備をして大会に挑みます!簡単ではないと思いますがRampage全員で一丸となってMSI勝ちます!応援よろしくお願いします!

試合スケジュール (日本時間)

4月29日(土)

  • 04:00 Japan Rampage [vs] Turkey トルコ代表
  • 05:00 Japan Rampage [vs] Brazil Red Canids
  • 07:00 Japan Rampage [vs] Australia Dire Wolves

5 月 1 日(月)

  • 03:00 Japan Rampage [vs] Brazil Red Canids
  • 05:00 Japan Rampage [vs] Turkey トルコ代表
  • 08:00 Japan Rampage [vs] Australia Dire Wolves

各試合は、下記のTwitchチャンネルにおけるストリーミング配信を通じて観戦可能となります。

Watch live video from riotgamesjp on www.twitch.tv

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO『PGL Asia Minor Championship』東アジア予選が4/21(金)~23(日)に開催、日本から7チームが出場

pgl-asia

CS:GOメジャー大会『PGL Major Kraków 2017』につながる『PGL Asia Minor Championship』の東アジア予選が4/21(金)よりスタートします。

PGL Asia Minor Championship

『PGL Asia Minor Championship』は、2017年7月16~23日にポーランドで開催される賞金総額100万ドルのCS:GO大会『PGL Major Kraków 2017』のオフライン予選出場権をかけて実施されるアジア予選となります。

『PGL Asia Minor Championship』本戦に出場するのは招待2チーム、予選通過6チームを併せた計8チームで、この予選が4/21(金)からスタートします。

日本チームが出場するのは、東アジア予選で合計48チームが出場。日本からは下記7チームがエントリーしています。

日本出場チーム

  • Japan DeToNator - Norisen, guin, impalement4s, Freak, Ayanoxie
  • Japan DetonatioN Gaming - ShirleyAstre, STABAAAAA, ZodiaX, YukiStyle, himajun
  • Japan Empty - balloon, tsubaki, Flax, maka, EROC
  • Japan MISO - kuririn, icewolf, Mash_jp, BOTSixMan, RiPabloEscobar
  • Japan SCARZ - Guttei, eNgi, zyoutan, Entai, SILVEM
  • Japan SZ Absolute - Laz, poem, t4k3J, barce, crow
  • Japan TeamBlackEye - easy, lafff, ATR, Asils, Anker

トーナメント

東アジア予選はシングルイルミネーション方式トーナメントを採用し、オンラインにて実施されます。
明日4/21(金)は下記のスケジュールで試合が行なわれます。

1回戦試合スケジュール (日本時間)

  • 4/21(金)20時~ Japan SCARZ [vs] Mongolia TeamRisen
  • 4/21(金)20時~ Japan MISO [vs] Mongolia OnHe
  • 4/21(金)20時~ Japan Empty [vs] Mongolia Casuals
  • 4/21(金)20時~ Japan TeamBlackEye [vs] Taiwan teamtigra
  • 4/21(金)20時~ Japan SZ Absolute [vs] Mongolia GameZ

Japan DeToNatorとJapan DetonatioN Gamingはシードとなっており、2回戦からの出場になります(※こちらの時間は今のところ未定)。

ストリーミング配信のチャンネルは下記の2つが予定されています。

ストリーミング配信

情報元

関連ニュース

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar

注目ニュースランキング

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp